明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

直感の大切さ①

 みなさんは「直感」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

「ピンときたこと」、「心に感じたこと」、いろいろな解釈があると思います。

辞書的な意味では

 

[名](スル)推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。「―が働く」「将来結ばれる運命であることを―した」

出典:デジタル大辞泉

 

とあります。今日は自身の経験に基づいて、直感の大切さを書こうと思います。

(書いていたら長くなりそうでしたので、いくつかに分けます)

 

  • 日々なあなあで生きていませんか?

 「なあなあ」ってのんびりしたようにも聞こえますが、あまりよくありません。

そこには直感力が低下している意味が込められています。

 なぜそんなに直感が大切なのか?現代人は直感力や感性が薄れてきていると言われています。極端な話ですが、大昔の人は、狩猟をしたり、暑さ寒さを耐え忍んだり、五感をフル活用して生きていたそうです。

 現代の私達は恵まれた環境で、特に何も考えていなくても生きていけます。そういった感覚が鈍くなることで、どんな弊害があるのか?ちょっと挙げてみましょう。

  • ストレスにさらされる
  • 真実ではなく常識にとらわれる
  • 情報を全て受け入れてしまう

 

 一部だけ挙げました。「何が悪いの?」と思っているあなた、重症です!気付いていない幸せというものもあるかもしれませんが、それは本当の幸せではありません。

ではこれらがなぜ良くないのか、説明していきましょう。

 

 【ストレスにさらされる】とは、そこに何かしら嫌だ!と感じているはずです。現代人はその原因や背景を深く考察しないため、仕方ないと片付けてしまいます。そうすると、ストレスは我慢するもの、自分が悪いんだ、と胸の内にしまいこんでしまいます。結果、気付いた時には既に遅し、心の病気に罹ってしまうんです。(>_<)

 

 残りの2つはまとめて説明しますと、驚くことに、真実=常識と思っている人がたくさんいるんです。全く違うのに‥世の中は常識にとらわれすぎていて、テレビや新聞が流す情報を【真実】ととらえ、振り回されている気がしてなりません。

 

 直感力がある人は、普段から様々な事象に対して、「好きか嫌いか」ではなくて、これはどうなのだろう?と俯瞰して物事をとらえることができます。心の声はある程度環境によって培われてきた点があるとはいえ、正直な気持ちを訴えかけています。

もっと心の声に耳を傾け、自分と本気で

対話してみてください!

 直感が働けば、危険を回避したり、真実が見えたり、冷静になれたり、いいこと尽くしです。みなさんがこの激動の世の中を、穏やかな気持ちで過ごせることを祈ってます。今後も様々なテーマを取り上げて書いていきたいと思います。

広告を非表示にする