明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

心穏やかに。おススメの本です。

 私は読書が好きで、毎日寝る前に必ず本を読むようにしています。

好みなのは主に、心を浄化させてくれるような、読んでて気持ちの良い本です。

‥ちょっと抽象的でしたね(^-^;

ミステリーとか過激なもの、欲望を駆り立てるようなものはあまり読みません。

寝る前は良い睡眠へ誘うための、大変貴重な時間だと思っています。

 

さて今日紹介するのは、ご存知、夏目漱石作の草枕です。

小説はそんなに読まないのですが、漱石の作品はたくさん読みました。

この「草枕」が一番好きというわけではありませんが、とにかく有名なこの書き出し、

私はこの言葉に衝撃を受け、ずっと頭の中に残っているんです。

 

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

 

どうでしょう、なるほど、と納得しませんか?

社会人の方なら共感していただけると思います。

まず私が感じたのは、この時代でもそうなんだ‥ということでした。

漱石の小説は、フィクションとはいえども、本人の体験に基づいていたり、世相を反映しているものが多いので、これもそうだと言えると思います。

 

  • 歴史は繰り返す

今の時代で考えてみましょう。特にこの言葉を見ても何も感じない人や、別に住みにくいことはないなと思う人は、世渡り上手かバランスが取れているということでしょう。

一般的に、知識があり、正論を振りかざしても、相手がいることですから、感情論的になってしまい、決して感情抜きにはいきません。これが角が立つ

 

かといって、感情ばかりに気を取られ、気付いたらなし崩し的に巻き込まれてしまって、結局は自分の意見も言えないまま、ただただ悶々としてしまう。これが流される

 

プライドだなんだといって周りを気にせず、自己中心でいってしまっては、どんどん人が離れていく。周りからは忌み嫌われ、こんなはずじゃなかったのに‥と、気付いたらとてもやりにくい環境に置かれてしまう。これが窮屈だ。

 

世の中、そんなもんなんです。こればっかりは諦めるしかありません。(;´∀`)

バランスをとっていくしか、自分の心を守って、上手く生きていく方法はありません。

ほとんどの悩みは、対人関係といっても過言ではないでしょう。

だからこそ、人の世は住みにくいんです。

f:id:torute3:20160204202613j:plain

こんな例もよく耳にしますよね。最近の若い者は‥

ところがこれ、約5000年前のエジプトの遺跡から見つかった粘土板でできた書簡に、「最近の若者はけしからん。俺が若い頃は…」という意味の象形文字が書いてあったとかなんとかで、結局昔から変わっていないんですね。歴史は繰り返す

  • 俗世から離れる

このように書くと出家しろ!などと言っているように聞こえるかもしれませんが、そうじゃありません。現実難しいですから、心だけでも解放してあげてください。

心に余裕を持たせ、一歩引いた視点で物事を見る、問題を見る、俯瞰する。

これだけで生き生きとしてきますし、新しい世界が開けますよ☆

 

本の内容からは離れましたが、草枕はそんな忙しいあなたにピッタリの本です。

明治の美しい日本語や情緒ある俳句、そして俗世を離れて山中へといく画家の主人公に

自分を重ね合わせて、物語を楽しんでみてください。

きっと夢中になると思います♪ おススメですよ!(^^)!