明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

ゆったり暮らす8つの方法☆

今日は私がとても救われた本を紹介したいと思います。

毎日忙しく過ぎていく日々、追われる日々、忙殺される日々、当たり前だと思っていたけれど、ふと立ち止まって考えてみると、「こんなはずじゃなかったのに」と思ったり、とても空しい気持ちになったり。

そんなあなたに、ぜひおススメしたい本スローライフでいこう」です。

  8つの方法に答えがあった

私はこの本に多大な影響を受けたことを始めとし、それからたくさんの本を読みました。主に寝る前に読むため、心をやすらかにしてくれる本です。

それら1つ1つは今後紹介していけたらと思いますが、数ある本を読んでいくうち、

ある1つの発見をするに至りました。それは‥

どの本も大切だと言及していることは根本的に同じ!ということです。

これには主観が入っているかもしれませんし、もちろんそれを否定する本もあるでしょう。しかし、心をやすらかにする方法は似通っているんです。

この本の根幹を成す、8つの方法を紹介します☆

  • スローダウン
  • 一点集中
  • 感覚器官の制御
  • 人を優先させる
  • 精神的な仲間をつくる
  • 啓発的な本を読む
  • マントラ
  • 瞑想

これらを著者のエクナット・イーシュワランさんは、エイト・ポイント・ブログラム

名付けました。

彼は既に亡くなっていますが、彼が生きてきた時代ですら、スピードアップした世の中に苦言を呈しています。(主に1960年代頃のアメリカ)

言わずもがな、現代はもっともっともーっと、スピードアップしていますね。

 心””亡くす”と書いて”忙”しい

この言葉が心に響きませんか?この言葉は別の本に書いてあった言葉ですが、言わんとしていることは、便利さばかりを追求して、心の余裕を失っているということです。

ここで、簡単にエイト・ポイント・プログラムについて考えてみましょう。

 

  • スローダウン

現代社会のスピードから一歩引いて、冷静に物事を俯瞰しましょう。ゆっくり深呼吸をして意識的にスローダウンする。心に余裕を持たせることで、仕事もプライベートも、逆に充実してくることでしょう。自分だけでなく、他人も急かさないように

  • 一点集中

いくつものことを同時並行に考える、する、ということは、心を散漫にさせる練習をしているようなものです。それはコンピューターに任せましょう。 雑談、食事、運転、読書、考えごと、全てそれだけに集中すること。

  • 感覚器官の制御

普段何気なく食べているもの、読んでいるもの、見ているもの、その全てが、あなたの血肉となり、好き嫌いに大きな影響を与えています。好き嫌いを極力無くすよう、意識してこれらを行ってください。好き嫌いに執着しない。こだわらない。頭の中で考え、心に思うこと、これらも全て、あなた自身を作っているのです。

  • 人を優先させる

自分が自分がと、自己中心的にならない。人を優先させる意識を持つだけで、心にゆとりが生まれ、幸せな気持ちになります。我利我利になると、相手との間に壁を作ってしまいます。

  • 精神的な仲間をつくる

人は1人では生きていけません。必ずあなたを救ってくれる崇高な人、精神的に高めてくれる人はいます。そういった人と交流しましょう。そして少しでもそこに近づけるよう努力も必要です。依存はせず、自分の精神力を高めていきましょう。

  • 啓発的な本を読む

直感力が高まっていれば、自分が気持ち良い、読んでてホッとする本が分かるはずです。その本を毎日30分程度、できれば寝る前に読みましょう。寝る前の時間は非常に大切です。TVや新聞はおススメしません。できるだけ避けるようにしましょう。

これは若干宗教色が濃いですが、要は、自分が落ち着く言葉を持つことです。そうすることで、嫌なコトがあっても、それを心の中で念じたり唱えることで、気持ちがフッと楽になります。格言でも仏の言葉でも何でもいいです。

  • 瞑想

瞑想はできれば朝起きてから、難しければ寝る前がおススメです。最初は5分程度でも良いと思いますが、目標は30分。方法は様々ですので、自分に合った方法がいいでしょう。心を無にする瞑想、呼吸のみに意識を集中させる瞑想、マントラや良い言葉を繰り返し念ずる瞑想、動きを取り入れてそこに集中させる瞑想、いろいろあります。

私も実践していますが、雑念がどんどん出てきて難しいです(*_*;

でも心が落ち着き、心にゆとりが出てきて、心が洗われる感覚があります。

人は日々身体を洗いますが、心を洗いません。心の洗いも必要だと思いませんか?

 

長くなりましたが、いかがでしょう?納得することが多くありませんか?

これらをより詳細に、実例を交えながら分かりやすく書いてある本が、

スローライフでいこう」です。

私も苦しい時期に、この本を読んでとても救われました。

そして今でも重宝している本です。

ぜひ1度、手に取って読んでみてください☆ 良書です!

 

広告を非表示にする