明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

お金に対する考え方

f:id:torute3:20160210200844j:plain

みなさん【お金】と聞いて、まず何を考えるでしょうか?

このテーマこそ、人それぞれ意見が違うでしょう。

現状に満足している方には、あまり参考にならない記事かもしれません。

しかし人生や世の中に何かおかしいと感じている方は、ぜひ読んでみてください

今日は【こころ】の観点から、お金に対する考え方を紹介したいと思います。

 なぜ働くのか?

「え?当たり前でしょ?」「お金稼ぐために決まってるじゃない」といった答えが

返ってきそうな質問です。

中には、「日本国憲法に書いてあるから当然だ!」という方もいるかもしれません。

しかし大抵は「お金のため」と答える方が多いのではないでしょうか?

 なぜお金が必要なのか?

あなたにとって、なぜお金が必要なのでしょうか?

一般的な答えとしては「生活するため」という答えが返ってくるでしょう。

今日はそこで思考停止するのではなく、一歩踏み込んで考えてみてください。

  • 生活するためとは?

生活するために、具体的になぜお金が必要なのでしょうか?

例えば‥

  • 食料を買うため
  • 子供の教育費のため
  • 扶養家族のため
  • 衣類を買うため
  • 家賃を払うため

といった基本的な衣食住を表すものから、

  • 旅行に行くため
  • 好きな歌手のコンサートへ行くため
  • ブランド物のバッグが欲しいから
  • 本やDVDが欲しい

といった趣味嗜好のものがあります。

  •  それは本当に必要なものですか?

まず衣食住に関するものは程度の差こそあれ、必要でしょう。

では、趣味嗜好のものはどうでしょうか?深く考えたことがありますか?

「いや、これは人生を楽しむために必要だ」という意見ももちろん否定しません。

そこで、次の質問を自分にしてみてください。

 

  • お金がどれくらい必要なのですか?
  • そのために何か犠牲にしていませんか?
  • 本当にその価値がありますか?

ここからは、現状に満足している方、現代社会に疑問を抱いていない方は読まないほうがいいかもしれません。では、続けます。

 欲望にはキリがない

今回はお金にだけ焦点を当てますが、全てに当てはまるでしょう。

子供の頃はお金が無いから、あるもので満足していたし、工夫して遊んでいた。

バイトを始めて、ある程度まとまったお金が手に入って、欲しいものを買えた。

社会人になって今までもらったことのないお金が一気に手に入り、貯金がどんどん貯まった。そして欲しいと思ったものは大体買えてしまった。

更に大きなもの、つまり車やブランド物、海外旅行や果てはマンション!

 

一般的な例ですが、どうですか?今の世の中、これが【普通】と言われていませんか?

では、一番下の大きなものが手に入ったら満足するのでしょうか?

そうではないことが分かるでしょう。人によっては稼げるお金に限度があるため、欲しいけど諦めざるをえない、という状態になると思います。

しかしお金があったら?キリがありませんよね。

現代の資本主義経済では、とにかくみんなにお金を使ってもらわないと困る。

だからメディアを使ってバンバン宣伝するし、芸能人の大きな家やブランド物を映して購買意欲を刺激して煽る。あたかもそれが正義かのように。

 大切なものを失っていませんか?

あれも欲しい、これも欲しい、お金をもっともっと稼がなければ‥!!

仕事を頑張る。それ自体を否定するのではありません。バランスの問題です。

ふと立ち止まってみて、次のものは大切にしていますか?

  • 自分自身
  • 家族
  • 友達
  • 仲間

 

 家庭を省みず我武者羅に働いてきた。家族のためだ、感謝されて当然だ。

それなのに妻とは喧嘩ばかり、何も分かってくれない。

子供と会話する時間もほとんどない。友達もほとんど連絡を取っていない。

会社の人間はライバルだ。蹴落として自分が出世するんだ!

そして定年を迎え、妻や子供、友達や仲間と楽しく暮らすぞ!と意気込んだところで、

周りには誰もいない。妻からは離婚を切り出された‥これが幸せでしょうか?

 毎日楽しいですか?

これが今の自分の状態を把握するのに、一番役立つ質問です。

直感力が無くなっていると、こういう当たり前のことに鈍感になります。

本当に仕事だから仕方がないのでしょうか?

自分自身を大切にしないと、体や心が壊れてしまいますよ?

それからでは遅いんです!それだけは絶対に、絶対に避けてください!

 必要なお金を考える

ここまで読んでみて、自分自身に当てはめてみて、いかがでしたでしょうか?

まだまだ書きたいことはたくさんあります。

世の中におけるお金の流れ、貧富を生む出す根源、欲望の果て、こころとの関係、

歴史の変遷、etc‥

それはいつか別記事で書きたいと思いますが、今回は自分自身にとって、結局本当に必要なお金っていくらなの?と考えてみてほしいです。

そしてお金を得る代わりに失うものについても考えてみてほしいです。

 少欲知足

お金に振り回されない人生を送るには、結局【少欲知足】の精神だと思います。

他人と比較して何になるんでしょう?見栄をはって無理して何になるんでしょう?

地位も名誉も財産も墓場まで持っていけません。諸行無常。空即是色。色即是空。

そのお金、本当に必要ですか?

広告を非表示にする