明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

明鏡止水

f:id:torute3:20160222201853j:plain

~明鏡止水~ このブログのタイトルにもなっている言葉です。

現代社会で人々は、非常に多くの情報にさらされています。

無意識のうちに、情報が頭の中、心の中に入り込んでくる日々。

そんな時、ホッと一息ついて思い出していただきたい言葉です。

  明鏡止水とは

  1. 明鏡止水 意味

    • 邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容。▽「明鏡」は一点の曇りもない鏡のこと。「止水」は止まって、静かにたたえている水のこと。「鏡」は「けい」とも読む。
  2. 明鏡止水 出典

    • 荘子そうじ』徳充符とくじゅうふ
  3. 明鏡止水 句例

    ◎明鏡止水の心境

  4. 明鏡止水 用例

    • ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。<勝海舟・氷川清話>

                      出典:新明解四字熟語辞典

 

正に写真のような水面。

日々いろいろな情報、そして他人の言動によって、私たちの心は乱されています。

そういった心を、明鏡止水のように、落ち着いて動じないよう鍛錬したいですね。

うつ病と相対する

うつ病に罹ると、頭の中、心の中は雑念で満たされてしまいます。

次から次へと湧き出てくる雑念。

止めようとすればするほど、勢いを増して放出される雑念。

うつ病に罹ったからというより、罹る原因の1つが、こういった思考状態、癖です。

明鏡止水の心持ちとは、真逆、相対する状態といえるでしょう。

結局このようなうつ病の症状は、自分で対策を立てることが肝要です。

瞑想を取り入れる

明鏡止水の状態を、日頃から意識して、自分の中に取り入れなければなりません。

うつ病と闘う(共存する)には、こういった思考の修正が必要です。

認知療法という手立てもありますが、ここでは瞑想をおススメします。

瞑想はただ単に目を瞑っているわけではありません。

意識をどこにもっていくかは瞑想方法によりますが、どれも心を落ち着かせ、

過去や未来に縛られることなく、”今”に集中させます。

人が何か技を習得するために、日々鍛錬を積むように、心を明鏡止水の状態に近づけるために、日々の鍛錬が必要なのです。

瞑想を日々続けることで、普段心が乱されそうなことがあっても、すぐに”今”に立ち返れるようになっていきます。

さらに、普段から”今”を生きられるようになり、人生が充実してくることでしょう。

その都度その都度気付く。

こうすることで、うつ病の呪縛からも解き放たれていきます

雑念に振り回されない。明鏡止水の心持ちで、日々過ごしていきたいものです。

 

広告を非表示にする