明鏡止水☆色即是空

脱役人による悠悠自適なスローライフを送る思い付きブログです

公務員への道のり~勉強編②~

f:id:torute3:20160217133202p:plain

前回の記事の続きです。独学か予備校か?

どのようなテキストを使ったら良いのか?

合格を勝ち取るために必要なことは?

前回の記事を見ていただければ、多少なりとも参考にしていただけると思います。

今回はなぜそう言えるのか、というところ焦点を当てたいと思います☆

torute.hatenablog.com

  合格を最短でもぎとる!

前回の記事では、自己管理ができる人に独学をおススメしました。

お金をかけてでも最短で!という方には馴染まない記事になるかと思いますので、

ご了承ください。m(__)m

しかし合格を最短でもぎとる!という視点は同じだと思います。

まず、公務員を目指すにあたって、あなたが目標としていることはなんでしょうか?

  • 安定した収入が得られれば良い
  • 安定した身分が得られれば良い
  • 広く社会に貢献したい
  • 生まれ育った自治体で市民のために働きたい
  • 警察官になって悪事を取り締まりたい

様々だと思います。ここではその内容には触れません。

ではその目標を達成するためにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは、公務員試験に合格すること、です。

ここに到達しなければ始まりません。

極論、試験に合格してから、その内部のことや法律を知っていけば良いのです。

(国民はそうは望んでいませんが‥^^;;)

 

 

 目的と手段を混同しない!

ここでは、目的:公務員になること

     手段:独学or予備校で勉強すること になります。

上記の目標のために目的を達成しなければならない

その目的を達成するためには、手段が必要である、という考え方になります。

こういった初心を忘れ、試験勉強をなんとなくやってしまう。

全て覚えなきゃとあれこれ手を付けてしまい、結局身に付かない。

こういった手段が目的にすり替わってしまうことを、防がなければなりません

予備校に行って、「高い金を払ったんだし、通っていれば受かるだろう」と、

通うことが目的になってしまったら目も当てられません。

 仕事や人生設計にも役に立つ

この「目標、目的、手段」の考え方は、何もここだけの話ではなく、実社会で役に立つ考え方です。

毎日毎日、お金を稼ぐために会社へ行って仕事して‥こうなると人は人生について考えなくなっていきます。当たり前、仕方ないと自分に言い聞かせて。

そうではなく初心に返り、

  • 「何のために働いているのか?」
  • 「この会社を選んだ理由は何だっただろうか?」
  • 「お金って実際どれくらい必要なんだろう?」
  • 「自分の人生、自分はどうしたいんだろう?」

こういったことを、「目標、目的、手段」の観点から、日々気付いて考えていくことが大切です。

 

 テキストを熟読する必要がない理由

よって、公務員になる!という目的のために、最短の手段を考えます

そうすると、学校の勉強でやっていたような、テキストと問題集が別になったものは、

ものすごく非効率です。

テキスト=教科書 は、ほとんどのことが網羅されていますが、試験そのものを考えてみた時、不必要な情報もたくさん入っています。それを全て頭に叩き込むことは至難の業でしょう。何より時間がかかります。そして‥

 テキストを読んだだけで分かった気になる!

これが一番の理由です。みなさん経験が無いでしょうか?

試験勉強で教科書をザっと読んで分かった気になったものの、いざ試験に臨んだら全く分からないといったことが。。。(;´∀`)

人間の脳は、インプットしたら、アウトプット、つまり問題を解かなければ知識として頭に残らないのです。

これを繰り返すことにより、知識として定着していくのです。

かといって、問題集を解くにはある程度知識が無いと解けません。

そこで私がおススメしていたのが、問題集付きテキストです!

これならば、必要最低限の知識をテキストで覚えながら、すぐに問題を解くことによって、定着させることができます。

それらを何回かやって物足りない時に、初めて新しい問題集を探してください。

必要ないとは思いますが^^

問題を解いて過去問を完璧にする、これで合格間違いなしです!

広告を非表示にする