明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

自分に気づく心理学

 

こんにちは、とるてです。

今日は本を紹介しつつ、日々思っていることを書きたいと思います。

今回紹介したい本は

f:id:torute3:20180319154936j:plain

「自分に気づく心理学」 加藤諦三 著 です。

中身の詳細については割愛させていただきますが、Amazonの商品紹介を引用させていただきますと、このような内容になっています。

商品の説明

内容紹介

わけもなく不安になる、人づきあいが苦手……あなたを苦しめる「感情」の正体を解明し、自分自身を見つめ直すキッカケを与える人生論。
他人の眼が気になってしかたがない。つい心にもないお世辞を言って後悔する。弱音を吐くことに罪悪感を感じる……あなたを苦しめる感情の「正体」は、心の奥底に抑圧された“依存症”だった。
 本書は、現代人の心の深部のゆがみを、幼少期の親子関係までさかのぼって解明し、自然な感情のままに生きることの大切さを説き明かす心の手引書。
 幼い頃に家庭内の温かな心のふれあいがなかった人は、自分を抑えて周囲の期待に沿わなければ愛情を得られないと思い込んでいると著者は言う。そこで「尽くすことでしか相手と関係を維持できないのは、人から尽くされたいという激しい欲求」「外面のいい人は些細なことで不機嫌になるのは、甘えの欲求を素直に表現できない苛立ち」など、自分の中で満たされなかったものの本質に気づき、偽りの生き方をやめるヒントを具体例と共に紹介。
 五月病にも効果てきめん! 悩み多きすべての人に贈るベストセラー、待望の文庫化。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたはなぜ、人づきあいが苦手なのか?なぜ、ささいな出来事にもイライラしてしまうのか?なぜ、生きていることが苦しいと感じるのか?人生に真撃に取り組むがゆえに悩み多きすべての人に捧げる書。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/諦三
1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。73年以来、たびたびハーヴァード大学準研究員を務め、現在、早稲田大学教授。またハーヴァード大学ライシャワー研究所準研究員、日本精神衛生学会理事、産業カウンセリング学会理事としても活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

一通り読んだ感想としては、主に毒親の弊害について書かれています。

自分がこんなにも苦しんでいるのはなぜなのか?

それを掘り下げて考えていくと、幼少期の家庭環境にある。毒親と呼ばれる不機嫌な親によって周りが振り回され、心に傷を負っていく。

心の奥底に抑圧された依存症。これが大人になっても苦しんでいる理由である。

 

自然な感情のままに生きることの大切さ

そうは言っても、いきなり実践するのは正直難しいです。

確かに想像してみると、自然に感情を出せたらどれだけ楽だろうと思いますね。

しかし長年染みついた思考の癖が邪魔します。

そんな風にしたら嫌われてしまう、みっともない

そこで自分の頭、心の中で葛藤が始まって…いつも考えるのを止めてしまいます。

 

そうやって自然に感情が出せれば健全で楽なんでしょうね。

健全であれば怒りも上手く表現できるでしょうから、嫌われたっていいや!って思えるんでしょう。

今の心理状態でそれをやったら、周りに多大な迷惑をかけて破滅に向かいそうです。

ですから、まず考えを改める、心を綺麗にすることから始めなければ…と思ってます。

自然に感情を出すとはいえ、最初は少しずつ。

 

今日も実際に不機嫌な人によって振り回されました。

不機嫌な人は、自分の思い通りにいかないとそのようになり、自分が変わろうとするのではなく、他責になって周りが慰めてくれたりなだめてくれるのを待っている。

その人の立場が社会的、または会社や家族の中で重要なほど厄介だ。

周りは機嫌取りのために余計な労力を使うし、子供であればビクビクして自分の感情を引っ込めていい子を演じるだろう。それが将来の心の傷となる。

自分も思いっきり感情任せに怒鳴ろうか。

しかしいろいろ考えた末、時がある程度解決するのを待ち、冷静になった上で穏便に済ませたくなる。これは合ってるのだろうか?間違ってるのだろうか?

 

不機嫌な人に関わると、自分の心も汚れて不機嫌になっていくので嫌です。。。

負の連鎖ですね。断ち切らないと!

結局こういうのって人間関係が必ず影響してますので、人は一人では生きられない!とはいえ、必要最小限度の人間関係で生きる!というのも、自分を守る上で大切な考え方なのかもしれません。

人の生き方は人それぞれ。人に迷惑をかけなければ自由じゃないかと思うこの頃です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ